「体験が学習の全て」

  • 2019.04.05 Friday
  • 11:36

人は大人に成るまでの間に様々な体験をします。

 

 

学校や家庭で、近所の人達や親類から、人との接し方を学んだり、

 

 

旅行や部活、ほんといろいろなこと体験して、

 

 

その全てが「その人の経験値」になるわけです。

 

 

 

 

私の学生時代には、親類は少なく、親が働いていた関係で、

 

家族旅行もなく、家族で外食もありませんでしたし、

 

母親とショッピングなどもなかったので、

 

あるのは、普段の生活のみでした。

 

 

 

 

学生時代というのは、自分の家庭が基本になるので、

 

 

そういったことも知らずに大きくなり、

 

 

気付いたときには「大人」になっていました。

 

 

 

 

今振り返ってみても、親との会話もほとんどなく、

 

 

そういう家庭環境を、未だになかなか消化出来ないでいます。

 

 

本当に今でもそう思います。

 

 

 

 

そこで、自分が作る家庭のときには、

 

 

最善を尽くそうと頑張ってしまい、

 

 

頑張り過ぎて、身体壊したりしたわけですが、、、。

 

 

 

 

 

それでも、頑張った自分には、今なら「えらかったね!」って言ってあげたい気持ちはあります。

 

 

 

 

 

そういう若いときに、個人の時間を過ごすのに、

 

 

大変上手になった私が今改めて振り返って思うのですが、

 

 

「子どもに何かしてあげたい」

 

 

と思うなら、

 

 

「与える」のは、

 

 

「子どもが自分で考え、自分なりにやっていく」

 

 

素地作りや導き手としての親と成る、のが良いのではないか、と。

 

 

 

 

 

私が親との関わりがなく、寂しかった分、その反面良かったことは干渉されなかったことでした。

 

 

自分の思考や試していることを、止められずにいたことが

 

 

美術や歌の習得にとても役に立っていると思います。

 

 

 

 

 

この10年で、まためまぐるしく時代が変わるのは確かです。

 

 

今流行っているものは、すでに時代遅れです。

 

 

「感性を磨く」ことは「教育にもつながって」

 

 

勉強と同じく「一生の財産」になるでしょう。

 

 

 

 

 

興味のあることに、「映画」「楽器で演奏」「絵筆を持つ」などを

 

 

入れてもらえるとたいへん嬉しいのですが。

 

 

「能動的な趣味」を持つのをオススメします。

 

 

↓〜ひびきあう人と街〜「街活」と「井戸端交流会」

創泉舎HP https://sousensya.amebaownd.com/

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM